プログラマーで頑張る日々の記録


by vqwns8obkc

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 鳩山由紀夫首相の5月退陣説が民主党内を駆け巡っている。内閣支持率は、自身の偽装献金事件や小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件のために落ち続け、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では5月末までに軟着陸させるのは不可能との見方が強い。そこで、普天間問題に結論を出すタイミングに合わせ、夏の参院選をにらんだ「鳩山降ろし」が発生するという読みだ。首相は28日の参院予算委員会で、普天間問題の解決に職を賭すかどうか問われたが、言質を与えることを避け続けた。(坂井広志)

 「覚悟をもって5月末までに決める。もしできなかったらというのは毛頭考えておりません」

 首相は参院予算委で、自民党の山本一太氏から普天間の移設先が5月末までに決着しなかった場合の責任の取り方について「職をかけるか」と問いつめられたが、首相は逃げるばかりだった。

 再三の追及に、普段は温厚な首相が「そのとき考える話だ。覚悟を持って臨むに尽きる!」と逆ギレ。果ては「その質問自体があり得ない。答えません」と答弁拒否という荒業に出た。

 首相を取り巻く環境は厳しい。

 先の名護市長選で名護市辺野古に移設する現行案に反対する稲嶺進氏が当選。平野博文官房長官が「(選挙結果を)斟酌しなければならない理由はない」と発言したため、稲嶺氏や移設反対派は批判を強めている。

 一方、24日放映のフジテレビ系「新報道2001」の世論調査では、鳩山内閣不支持(48・6%)が支持(43・2%)を初めて上回った。首相は28日の予算委で支持率下落について「国民の叱咤(しった)激励という思いで感謝したい」と、平静さを装うしかなかった。

 2月4日には小沢氏の元秘書の石川知裕容疑者(衆院議員)らの勾留(こうりゅう)期限が切れ、検察当局の対応と鳩山政権への影響が注目されている。

 首相が5月末に普天間の移設先を決められたとしても、現行案通りなら社民党や沖縄県内移設反対派の、現行案以外の決着なら米政府の猛反発を覚悟しなければならない。移設先を決められなければ、首相の約束違反となり、政権担当能力が問われる。

 いずれにしても「5月の普天間問題がだめ押しとなっての退陣を迫られる」(民主党中堅)というわけだ。

「誰かに止めてほしかった」=返事なく、犯行実行−検察側冒頭陳述・秋葉原事件(時事通信)
「レジ袋」のごみ袋使用禁止 静岡浜松市が4月から開始(J-CASTニュース)
窃盗 宝石2000万円分盗まれる…大阪(毎日新聞)
<山崎前副総裁>引退へ 参院選で自民公認難しく(毎日新聞)
離陸滑走中、NZ機が急停止・車輪から煙…成田(読売新聞)
[PR]
by vqwns8obkc | 2010-02-05 17:43
 新開庸晃さん76歳(しんかい・よしひろ=TOTO特別顧問、元副社長)1月28日、がん性腹膜炎のため死去。葬儀は近親者のみで行った。喪主は長男伊知郎(いちろう)さん。

 1955年、東洋陶器(現TOTO)入社。常務、専務、代表取締役副会長などを務めた。

法改正なら時効廃止も 世田谷一家殺害、八王子スーパー強殺…(産経新聞)
首相、「公費」で参院選応援? 地方視察に批判の声(産経新聞)
可視化研究会、5日から=捜査手法の向上も議論−警察庁(時事通信)
核密約報告書提出、2月以降に延期(産経新聞)
名古屋ひき逃げ 車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)
[PR]
by vqwns8obkc | 2010-02-04 17:47
 1日夜から2日未明にかけて関東甲信地方に降った雪の影響で、各地の交通機関が乱れ、スリップ事故や転倒でけが人が相次いだ。

 東海道新幹線は、降雪の影響を確認するため、2日午前6時の始発から品川−小田原駅間で時速120〜170キロに速度を落として運転。午前8時過ぎにはほぼ正常運転となったが、下り4本が最大で16分遅れ、約2800人に影響した。

 JR青梅線では午前5時過ぎ、東京都羽村市の羽村−小作間の架線が凍結。電車への送電ができなくなり、奥多摩発立川行き普通電車など計30本が運休し、約1万5000人に影響があった。

 東武野田線は午前4時40分、千葉県柏市の高柳駅で架線トラブルが発生し、上下線計19本が運休し、約1万人に影響。東京都荒川区と足立区を結ぶ日暮里・舎人ライナーでは、軌道上に積もった雪のためゴムタイヤがスリップし、午前7時25分ごろから約1時間20分運転を見合わせ、約9300人に影響した。

 また、日本道路交通情報センターによると、首都高速道路の▽11号台場線▽埼玉大宮線▽埼玉新都心線−−の上下線が雪により一時通行止めとなった。

 一方、宇都宮市石井町の国道新4号で、2日午前2時25分ごろ、保冷車が中央分離帯を乗り越えて大型トラックと衝突し、保冷車の運転手(40)が全身を強く打って死亡した。栃木県警宇都宮東署はスリップした可能性もあるとみている。

 このほかにも、消防などのまとめでは、少なくとも、▽埼玉県88人▽神奈川県22人▽千葉県20人▽東京都19人−−の負傷者が出た。

 東京消防庁によると、杉並区内で女性(75)が自宅の庭で足を滑らせて左腕を骨折。江戸川区内では女性(72)がタクシーから降りる際に転倒し腕の骨を折ったという。

【関連ニュース】
事故:祖父運転の除雪車にひかれ1歳児死亡…大雪の弘前
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表
気象庁:今冬は平年並みの寒さ 「予想外だった」と説明
寒波:北半球の異常低温 「北極振動」が原因 気象庁分析

<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・清湖口敏 白川静に学ぶ「人間学」(産経新聞)
テレビ朝日番組が無断でロケ撮影 ビルのオーナーに謝罪(産経新聞)
「小沢法案」暗雲…国会改革、永住外国人選挙権(読売新聞)
「政治とカネ」、第2ラウンドへ=1日から代表質問−衆院(時事通信)
[PR]
by vqwns8obkc | 2010-02-03 17:48
 北方領土の国後島沖で操業していた北海道の漁船2隻に銃撃を受けたような跡があることが30日、第1管区海上保安本部(小樽)の調べで分かった。その後、ロシア側が銃撃したことを認めた。2隻は操業中、ロシア国境警備隊のヘリコプターから照明弾を発射されており、1管はその際に銃撃された可能性があるとみて調べている。
 1管によると、2隻は羅臼漁協所属の漁船「第58孝丸」(19トン、平藤孝幸船長ら7人乗り組み)と「第63清美丸」(19トン、小島清美船長ら8人乗り組み)。58孝丸には15カ所、63清美丸には5カ所弾痕のような跡があった。けが人はなく、2隻は29日夜、羅臼町の漁港に帰港した。
 道漁業管理課によると、2隻は29日午前3時に羅臼漁港を出港。同日午後1時15分ごろ、国後島の北西約8キロの海域で、スケトウダラの刺し網漁をしていた際、ロシア国境警備隊のヘリから照明弾を発射された。
 2隻は照明弾を停船命令と判断し、その場にとどまったが、ヘリが約3時間後に飛び去ったため、現場を離れた。ロシア側は、停船命令を無視して航行を続けたため銃撃したとしている。
 同課によると、漁船が操業していたのは、日ロ間の北方四島周辺の漁業協定に基づく安全操業海域。日ロ双方は領土問題を棚上げにした上で、陸地から3カイリ以上離れた漁業水域を設定し、漁獲量や期間に応じて日本側がロシアに協力金を払っている。
 ヘリが接近していた当時、2隻はこの海域内にいたことが船に搭載された全地球測位システム(GPS)によって確認されている。1管は30日、2隻の乗組員に当時の状況を聴取。船体を調査した結果、弾痕のような跡を見つけた。 

【関連ニュース】
北海道知事「事実なら強く抗議」=国後沖銃撃
関係良好、韓国に配慮=自民は追及の構え
日本大使に遺憾表明=竹島めぐる学習指導要領解説書で
「竹島、正しく教える」=高校解説書で

ダボス会議、首相代理で出席へ=仙谷担当相(時事通信)
<白金温泉>凍らない滝とブルーリバー 北海道(毎日新聞)
【中医協】「夜勤72時間ルール」で四病協のアンケート結果を報告―西澤委員(医療介護CBニュース)
阪急通路1/4幅に“ラッシュ”(産経新聞)
秋葉原事件初公判、検察側「無視した者への復讐」(読売新聞)
[PR]
by vqwns8obkc | 2010-02-02 21:31
 準大手ゼネコン「西松建設」(東京都港区)の株主の男性=横浜市=が、ダミー政治団体を使った違法献金で多額の資金を流出させたとして、献金などで支出した約6億9000万円を同社に返還するよう元役員12人に求める株主代表訴訟を、東京地裁に起こしていたことが分かった。提訴は09年12月19日付。

 違法献金問題では同社も09年9月、国沢幹雄元社長ら2人に約11億8000万円の賠償を求め提訴している。

 男性の代理人、松丸正弁護士は「違法献金事件は会社ぐるみの犯罪。国沢元社長以外の役員も関与していたはずで責任を追及すべきだ」と話している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
陸山会土地取引:小沢氏側へ資金「ゼネコンが補てん約束」
西松違法献金裁判:窓口役の部長が証言 来月26日結審へ
西松建設違法献金:初公判で大久保被告は起訴内容を否認
西松献金:丸抱え年300万円 ゼネコン「実弟詣で」
西松献金:二階氏秘書を略式起訴 100万円略式命令

パロマ中毒事故、初の和解…遺族側へ8600万(読売新聞)
下請け代金を不当に減額、神奈川の運送会社に再発防止勧告 公取委(産経新聞)
ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)
鈴木宗男氏また検察批判「やり方が公平ではない」(産経新聞)
[PR]
by vqwns8obkc | 2010-02-01 21:13